友人知人にお金を借りる。

友人知人にお金を借りる。

古典的な方法でもう一つ、家族に頼れないなら、友人に借りましょう、と友人知人にお金を借りる方法があります。基本的な方法やポイントは家族と同じ。借用書や返済時の確証、必ず期日までに完済する、といったことが挙げられます。ただ、血縁関係や婚姻関係といった繋がりがなく、元々が信頼や友情といったもので繋がっている友人にお金を借りる際は、更なる注意が必要になります。
これは逆に自分が友人からお金を貸してほしいと言われたら、ということを頭の中で考えてみると分かりやすいかもしれません。友人からお金を貸してほしいと言われたら、まずどういう心境になるのか。もしも相手がお金に大雑把な性格だと思っていたら、次に頭に思い浮かぶのはもしかすると「きちんと返してもらえるかな?」かもしれません。もしも過去にお金に関してルーズな状況があったら、借金をお願いした時点で、人間関係が崩れるかも、ということを覚悟する必要があります。
これまでのその人との関係で、金銭感覚がしっかりしている、と認識されていれば、あなたの友人知人は、できる限りのお金は貸してくれるかもしれません。友人にお金を借りる、ということは、それ程貸す側も借りる側も、慎重になっておきたいものです。