家族からお金を借りる。

家族からお金を借りる。

古典的なお金の借り方と言えば、まずは家族からお金を借りる方法が挙げられます。
家族からお金を借りるメリットは、多くの場合、利息なしで貸してもらえるという点です。元々借金をしないといけない状態の人ですので、返済額は元金(借りた金額)に近い、というか、利息がないのは大変助かります。
家族からお金を借りた場合、小額なら口約束ということもありますが、まとまった額を借りる場合、借用書を一筆したためる、というのが一般的です。
あとは約束通りに返済をしていくことになります。これらのことは、家族からお金を借りる場合のメリット、と言ったばかりですが、実はこれらは裏を返すとトラブルの原因にもなりかねず、デメリットと言うこともできます。
血が繋がっている、婚姻関係がある、というだけで信用して、借用書なし、返済も手持ちにあったら、と全て馴れ合いにしてしまい、後でトラブルになってしまって、縁を切った、という話にもなりかねないからです。
「金の切れ目は縁の切れ目」は、正に、古今東西、あるあるなトラブルです。
家族からお金を借りる際は、必ず借用書を作り、返済方法や返済期間などを明記し、返済した確証を残しながら完済することが、お金を借りても気持ちの良い家族関係を保つポイントになります。