人間関係を崩さずに会社の人からお金を借りる方法

お金がない!のその時に

筆者のように貧乏暇なし、という人もいますし、使っても使ってもお金が無くならない、なんて人もいるこの世の中。
不公平と一言で片付けてしまっては、どうしようもないのですが、正直申しまして、あ〜あ、もっとお金があったらな〜、と思うのは、筆者だけではないはずです。
古今東西、人は様々な方法でお金と付き合ってきました。
お金の使い方も人それぞれ。ある人は人付き合いが大変で交際費にお金がかかり、ある人はブランドのバッグを買うのが趣味で、お給料をもらったら必ず行くお店があるなど。多くの人は、「あとほんの少しお金があれば」と思っていることでしょう。
さて、日頃の生活では困らないにしても、もし、救急で現金が必要になり、更にその金額をすぐには準備できない場合、あなたならどうしますか?
目の前の事を諦めてしまう、というのも手ですが、すぐに諦めてしまう前に、「借りる」ということも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
お金を借りると一言で言っても、その中身、言い換えるならその借り方はさまざまです。人によって、適している借り方もあればその逆だってあります。
今回は、便利なお金の借り方、そのメリットデメリットを含めて、じっくり考えてみたいと思います。

勤めている会社からお金を借りる。

このタイトルを見て、「え?会社からお金を借りるなんてできるの?」と思っている会社員の方も多いかもしれません。

貸付金制度って知ってる?

実は会社によっては、貸付金制度という大変便利なものがあるということは意外と知られていない事実です。
会社からお金を借りる最大のメリットは、借りる側が大きな規模で信頼できるので安心して借りることが出来る、という点です。
個人の資本から借りるわけではなく、一定の社会的信用がある会社から、というかもう自分が働いてお給料を貰っている会社から借りますので、抜群の信用があります。更に、カードローンなどから借りるよりも低金利で借りることができます。返済方法は大きく分けて2通りあります。
一つは分割で給与引き、もう一つは、ボーナスでの一括払いです。
気を付けたいのは、会社からお金を借りる場合は、相当な理由が必要だということ。例えば結婚費用、妻の出産、子供の進学、入院費用といった特定の状況により、まとまったお金が必要なケースに限られます。
家族お金の心配がクリア出来れば、集中して仕事をすることができますので、会社としてもメリットになりますし、借りた本人も、更に会社に対して信頼を深めますので、双方にとてもメリットがあるお金の借り方と言えます。

貸付金制度のメリット
安心できる。
低金利で借りられる。
返済は給料やボーナスから引かれる。

貸付金制度のデメリット
相当な理由かないと貸してもらえない。

結婚費用、妻の出産、子供の進学、入院費用

カードローンを利用してみる。

最近一番おススメのお金の借り方は、カードローンです。
カードローンの最大のメリットは、簡単な申し込みの手続きで、スピーディにまとまったお金を借りることが出来る点です。
最短では、申し込み当日に審査が行われ、融資が可能なところもあります。また、人に知られずにお金を借りることができ、周囲の人との金銭トラブルも避けられますので、人間関係が悪くなることもありません。
人間関係とお金が絡むと、それはそれは怖〜い結果になることもありますから注意が必要ですが、カードローンならそんな心配ご無用です。
金融機関、クレジットカード会社、消費者金融と多くの会社が取り扱っているので、借りる側からすると、選択肢が多いのもメリットです。会社によって利息や借り方、返済方法が異なりますので、借りる際は、よく理解してから申し込み、借入れをする必要があります。
大手のカードローンを扱っている会社なら、ホームページで返済シュミレーションが出来るサービスがありますので、必ず返済プランを明確にしておかないと、カードローンの返済のために、他のカードローンに手を出すなど”負の返済スパイラル”に陥ってしまうため、無理のない返済計画を立てましょう。そこさえ押さえておけば、カードローンはとても強い味方になってくれます。

カードローン

スピーディにまとまったお金が借りられる。

今すぐお金が必要な方はカードローンがおすすめ

人にお金を借りるくらいなら消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関からお金を借りたほうが良いという方も多いでしょう。そんな方は、下記サイトで金融業者を見つけましょう。
http://xn--e--h95cp31e4o2bntg.com/
http://xn--e--gh4am8a9dzlwey965aftvb.com/
必ず大手の金融会社を使ってください。聞いたこともない業者は闇金の可能性があるのでくれぐれも気をつけてくださいね。

誰から借りる?

お金に困った。。。
誰から借りたらいいのでしょうか?
シュミレーションしてみました。